男の正しい体の洗い方!入浴の順番や体臭対策も徹底解説!【Part①】

バスルームに入って熱めのシャワーで一気に体を温め、ボディーソープを塗りたくり、ナイロンタオルでゴシゴシと洗う。実はこれ、間違いだらけの洗い方なんです。今回の記事では、体の洗い方の順番や体臭を撃退する方法も紹介していくので、気にしている人はぜひ参考にしていってください。

男の正しい体の洗い方!

体を洗うのも洗顔と基本は全く同じ。大事なことは、ゴシゴシと力任せにこすらないこと。そして、最も使ってはいけないのが「ナイロンの垢すりタオル」。これは確かに垢がたくさん取れて気持ちよさそうに思えますが、肌が乾燥してしまい、さらには摩擦による刺激でメラニンが過剰に生成されて色素沈着が起こることさえあります。

実際のところ普段体を洗うときは、タオルやスポンジは使用しなくても全然OK。ボディソープを泡立てた泡で体をなでるように洗ってシャワーで流すだけで十分なんです。「それだけで汚れが取れるの?」と思われるかもしれませんが、実際のところちゃんと取れています。

どうしてもゴシゴシと強めに洗いたいというのなら、週に一度ボディ用のスクラブで体を洗う日をつくっても◎。このくらいの頻度で角質ケアは十分。ちなみにスクラブデーは週の始めからリフレッシュできるように日曜の夜などがおすすめですよ。

洗い方の順番!

  1. ボディソープを手に取る。このとき液体状のままで体に塗りたくるのはNG。きちんと泡立てないと、汚れ落ちがかえって悪くなります。
  2. 手に取ったボディソープをきちんと泡立てます。方法は洗顔の泡立てと一緒です。忘れてしまった人は下記の記事を参考にしてみましょう。
  3. こんもりと泡が乗った手で、体をなでるように洗っていきます。ワキの下など臭いの出やすい場所は、念入りに洗っておきましょう。
  4. 体を洗い終えたら、最後はすすぎ。洗顔同様、熱すぎないシャワーで体についた泡を流していきましょう。これでさっぱりした体になります。

参考記事:男性におすすめ!正しい洗顔のやり方でニキビ・毛穴の悩みを解決!【Part①】

Sponsored Link

バスグッズで体臭対策!

先ほど垢すりとしてよく使われるナイロンタオルはNGという話をしましたが、正しいバスグッズを使うこともとっても大切。おすすめのアイテムをいくつか厳選してみたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ロート製薬【デ・オウ薬用クレンジングウオッシュノンメントール】
  • 有効成分ベンザルコニウム塩化物で加齢臭などの臭いの原因菌を殺菌し、薬用炭が体臭や皮脂を吸着。ノンメントールで過剰に清潔感がないのも◎。加齢臭もしっかり抑えることができます。
  • ロクシタン【ロクシタンセドラオードトワレ】
  • セドラとはレモンの果実とされる原種のこと。ウッディ調の奥深いグランシトラスの香りと豊かな泡立ちが、普段のシャワータイムを特別なひと時に変えてくれます。

ピックアップ記事

  1. 男性におすすめ!正しい洗顔のやり方でニキビ・毛穴の悩みを解決!【Part①】
  2. 電気カミソリの正しい使い方・剃り方!乾いた状態で剃るのが基本!
  3. 男性の美白ケアはもはや当たり前?日焼け肌=イケメンはもう古い!?
  4. 【男の日焼け対策】紫外線から顔・体を守るための基本知識を紹介!
  5. わきがにサヨナラ!おすすめの男性用デオドラントグッズを紹介!

関連記事

  1. 男の正しい体の洗い方!入浴の順番や体臭対策も徹底解説!【Part②】

    前回の男の正しい体の洗い方!入浴の順番や体臭対策も徹底解説!に引き続き…

  2. 肌質別メンズ用ボディシートの使い方!顔を拭くのは絶対NG!?

    サッと取り出して、体を拭いた時のスーッと汗が引いていく感じがたまらない…

  3. 男性の加齢臭は首筋・耳の裏のケアで十分防ぐことができる!?

    年齢を重ねるとどうしてもでてくるのが「加齢臭」。ふとした時に漂ってくる…

  4. わきがにサヨナラ!おすすめの男性用デオドラントグッズを紹介!

    熱い季節が近づいてくると、やはり気になるのが体臭です。いうまでもなく汗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

カテゴリー

アーカイブ

人気記事

最新記事

  1. 【男の肌質チェック】種類や改善方法も分かりやすく徹底解説!
  2. わきがにサヨナラ!おすすめの男性用デオドラントグッズを紹介!
  3. 男の正しい体の洗い方!入浴の順番や体臭対策も徹底解説!【Part②】
  4. 男性におすすめ!正しい洗顔のやり方でニキビ・毛穴の悩みを解決!【Part③】
  5. 電気カミソリの正しい使い方・剃り方!乾いた状態で剃るのが基本!
PAGE TOP